抗菌、脱臭、汚れ防止のマクロコートで快適環境を! 銀系酸化チタン光触媒コーティングは人・環境に安全なコーティング剤です。 サイトマップ
(株)マクロ

抗菌、脱臭、汚れ防止のマクロコート 光触媒コーティング
石材・木材の保護、光触媒コーティング
HOME
 光触媒の効果
   └-- O157
 光触媒の利用例
   ├-- 住宅・マンション
   ├-- 老人・福祉施設
   └-- 病院・保健所
 光触媒の安全性
 施工例 飲食店
   ├-- 水周り施工
   ├-- フィットネスクラブ
   ├-- 自動車室内
   ├-- K 邸
   ├-- Y 邸
   ├-- N 邸
   └-- 漆喰外壁施工
光触媒 Q&A
 光触媒関連実験機器
制作納入例
 
石材・木材の保護
   └-- Q&A・詳細
コンクリート
大理石
御影石
テラコッタ・タイル
ヒノキ
 
施工料金
お問合わせ
リンク
石材・木材の保護コーティング

◆ 浸透性吸水防止剤のコーティングで石材・木材を保護

◇ 石材コーティング
石材・コンクリート・タイル用の保護剤です。
当社の施工上の経験から生まれたコーティング材は、石材・コンクリートの内部に強固な浸透層を形成することで吸水率を大幅に低下させ、水分の侵入によって起こる様々なトラブルを防止します。

石材やコンクリート製品は、吸水性があるため汚れや酸性雨による劣化・中性化・エフロレッセンス(白華)による問題が発生します。海辺では塩害、寒冷地では凍結による被害(凍害)等の問題も発生します。常に水の補給があったり湿気が多い場所ではカビや藻が発生し、美観上や菌類による健康上の問題を招く事もあります。

浸透性吸水防止剤は、基材の内部に保護層を形成するため塗膜型の保護剤(塗料・ワックス)のように塗布面の仕上がり感を大きく変えることなく基材を保護出来ます。また、紫外線の影響を受けにくいため効果の長期持続性が見込めます。

◇ 木材コーティング
木材用浸透性吸水防止剤は木材用に開発した製品で、水及び汚れの吸い込み.吸い上げによる木材の腐れ.カビ.藻の発生防止.紫外線による木材の変色を軽減します。

木材用浸透性吸水防止剤は、内装及び外装問わずご使用いただける製品です。
特に防菌に関しては、250種の菌に対応しており優れた防菌効果があります。
塗布後も木肌は自然のままです。

● 浸透性吸水防止剤と通常防水剤の相違

通常タイプのワックス形コ−ト剤は、表面にのみ防水層を形成する為、ハガレなどで長期間の防水層形成は出来ません。(下図 左側)
浸透性吸水防止剤は、下図(右側)のように主成分であるシリコンが、毛細管現象で石材等のホ−ルやクラックに浸透し吸水防止層を形成します。 湿気を排気して呼吸しています。
石材・木材の保護コーティング

浸透性吸水防止剤の効果をビデオでご覧下さい。
自動再生しない時は、再生ボタンを、又、
一時停止・停止・音量などを任意に操作してご覧下さい。


素材の種類・吸水率によって使用溶剤が異なります。

      ▼ 下にコーティング例(写真)を示します。

石材・木材を水に浸した場合、コーティングの有無で効果を発揮!

コンクリート保護

木材、タイル、御影石、石材保護



石材のエフロレッセンス(白華)発生防止に効果を発揮!
(築一年経過)

コーティングなし・・・エフロ発生! コーティング済み・・・エフロ発生防止
石材のエフロ発生保護 石材のエフロ発生保護

エフロレッセンス:
コンクリート中の水酸化カルシウムなどが水とともに表面に溶け出し,空気中の炭酸ガスと化合してできた白い結晶。白華とも呼ぶ

*注) コンクリート・モルタル(目地含む)・木材など吸水性素材に光触媒コーティングを施す場合、素材の吸水を押さえる必要があります。吸水性素材に光触媒コーティングを施す場合、基材保護と共に「浸透性吸水防止剤」の使用をお奨めします。


施工協力
株式会社 ナトリ建築設計事務所
有限会社 蒔田建築設計事務所
             山縣洋建築設計事務所
施工協力業者
ビルメンテ 竹山美装
ハウスクリーニング タニクリーン
ほか (敬称略)


Copyright(C) 2006 MACRO Co.,Ltd. All rights reserved.